デジタル写真をフィルム写真風にしたい②

昨日に続きデジタル写真をフィルム写真風にする方法なんですが、
今日は昨日ダウンロードしたカラープロファイルデータをコンパクトフラッシュにコピーして
デジタルカメラ本体へ移し、カスタムピクチャーコントロールとして使う方法
を紹介します。
(カメラはD300の場合で書きます)
これは、JPEG撮って出しなんかには有効なのではないでしょうか?

※RAWで撮れば後でいくらでも変更出来るのであまり意味ないかな?
僕はカメラ本体はすっとスタンダードのままで、RAW現像の時に調整します。

昨日の記事 ↓
デジタル写真をフィルム写真風にしたい①(昨日の記事)

手順 ↓
1、ニコンのPicture Control Utility 2を起動。

最初にコンパクトフラッシュ(カメラで使用されている記録メディア)をパソコンに挿す。
※パソコンにコンパクトフラッシュのリーダーがない場合は別途購入して下さい。
あとは、下の写真のとおり”カードに保存する”をクリックすればコンパクトフラッシュに出力される。

※写真はクリックすれば拡大表示されます

2、カメラにコンパクトフラッシュを挿す。

MENUからカスタムピクチャーコントロールを選択

メモリーカードを使用を選択

カメラに登録を選択

ファイルを選択してOK これでカメラにカラープロファイルファイルが
コピーされました、完了です。

MENUのピクチャーコントロールを開いてみると
コピーしたファイルの分が増えています。
※カスタムピクチャーコントロールはC-1~C-9の9個追加出来ます。

最初に書いたように、JPEG撮って出しには良いんではないでしょうか?この場合も
アクティブD-ライティングは”しない”に設定。

以上です。

それでは♪

おまけ————————————————————————
昨日、今日アイキャッチ画像に使用した写真を載せます。
これはKodak Portra 160NCのカラープロファイルを使いRAW現像して
Photoshop Element 9でノイズを乗せたり、あれこれ弄ってます。