Nikomat FTN

1月14日
衝動的に?ヤフオクにて1000円で落札(送料800円)
およそ50年前のカメラなのに外観はかなり綺麗です。
まずは、全体を無水エタノールで清掃してから
フィルム室やミラーのモルトプレーン(スポンジみたいなの)が
干からびてボロボロなので綺麗に取り除きました。

●問題点
露出計の動作確認をしたいのですがこのカメラの電池は水銀電池(MR9)
これはもう製造されていないので互換品か変換アダプターが必要。

今回は写真で簡単に紹介して、問題点を解決しつつ最終的には
フェルム写真を撮りたいと思います。

リンク ↓
ニコンの銀塩カメラ製品一覧(Wikipedia)

Nikon Nikomat FTN
1967年10月発売
<仕様>
形式  機械制御式フォーカルプレーンTTL一眼レフ
ファインダー  視野率92% 倍率0.86倍 固定式スプリットイメージまたはマイクロプリズムスクリーン
露出計  本体内蔵(Cds X 2) 定点合致式連動露出計
露出制御  マニュアル
測光方式  TTL中央部重点測光 EV4~17(ASA 100 F2レンズ時)
シャッター  金属羽根縦走りフォーカルプレーン(コパルスクエアS)B、 1~1/1000
フィルム巻き上げ  手動 一作動レバー式
フィルム巻き戻し  手動 クランク式
フィルム感度  ISO(ASA) 12~1600
その他  セルフタイマー  プレビュー機能  ミラーアップ機能
サイズ  148.5mm x 95mm x 54.5mm 約765g
使用電池  MR9 1.33V x 1
発売時価格 32500円(ボディのみ)46000円(50mmF1.2付き)

あと、カニ爪付きのレンズを持ってないので絞りリング付きのAFレンズを使う事になります。
それにしても、ずっしりとした重量感がなんとも言えません!

僕が過去に使った事のあるフィルム一眼レフカメラは
● コニカ FTA
● オリンパス OM-10
● キャノン EOS 55
● キャノン EOS 630
● キャノン EOS-1N HS

手動巻き上げのカメラはオリンパス OM-10以来です。
(それと、ニコンはデジカメのD300まで一度も使ったことないんです・・)

ファインダーを覗くとゴミはそこそこあるもののカビはないです。

シャッタースピードダイヤルがこんなとこに

ミラーアップボタン、ストロボのシンクロ接点
接点はXとMがあります ↓
X接点M接点について

ASA感度設定の爪と電池室(ニコンらしく?逆ネジです、0側に回して開ける)
右端のツマミでフィルム室を開ける

D300との大きさ比較
重さはD300が825g Nikomat FTNが765g

 

続く♪